ISOマネジメント

- ISO共通マネジメントについて -  ISO Management


ISOのマネジメントシステムは、Plan‐Do‐Check‐Act(PDCA)として知られる方法論が採用されています。
以下にPDCAを簡潔に説明します。



Plan(計画)
顧客要求事項及び会社の方針に沿った結果を出すために、必要な目標及び活動計画を設定する。

Do(実施・実行)
それらの活動計画を実行する。

Check(点検・評価)
方針、目標及びお客様要求事項に照らして活動計画及び製品を監査及び測定し、その結果を報告する。

Act(処置・改善)
活動計画の成果を含む実施状況を改善するための処置をとる。



ISOのマネジメントシステムで要求されるシステムの概要を簡潔に説明します。


方針、目標、計画システム

方針を設定し、その方針に基づき各部門、階層毎に判定可能な目標を決め、その目標を達成するための活動計画を設定します。

意思疎通システム

各活動計画の責任者を決め、全社員に周知させる方法を確立します。内部コミュニケーション(会議、ミーティング、朝礼等)を確立します。

資源の運用管理システム

予算制度を確立します。人材育成計画を確立します。インフラの整備計画を確立します。

監視測定システム

各活動の監視、測定及びデータ分析方法を確立します。内部監査手順を確立します。

不適合管理システム

不良、クレーム等への対応方法を確立します。